【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

国際・政治世界経済総予測 2020

米国が強大国化を“お膳立て” 習体制にくすぶる不穏の数々=興梠一郎

国内外で影響力を誇示(中国の習近平国家主席)=2019年3月(Bloomberg)
国内外で影響力を誇示(中国の習近平国家主席)=2019年3月(Bloomberg)

 米国は今、「中華民族の偉大なる復興」を掲げ、超大国への道を突き進む中国の影におびえているが、そのお膳立てをしたのは、米国自身である。米中接近を演出したニクソン大統領(在任1969年1月〜74年8月)は晩年、「我々はフランケンシュタインを作り出したのかもしれない」と後悔したという。

 中国は2001年、米国の後押しもあり、念願のWTO(世界貿易機関)加盟を果たし、国際貿易システムに組み込まれ、世界第2の経済大国にのし上がった。米国は当時、中国をWTOに入れれば、韓国や台湾のように民主化すると楽観していたが、その見通しは甘かったと気付いた。中国は、米国を脅かす強大な一党独裁国家に変貌したのである。

 中国は世界最大の市場を武器にして、外資を呼び込み、「世界の工場」となり、巨大なサプライチェーンを築き上げた。いまや米軍の武器でさえも、中国産のレアアースや電子部品に頼っている恐れがあるとして、米国防総省が警鐘を鳴らしている。

残り2296文字(全文2709文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事