週刊エコノミスト Online言言語語

新聞から言葉をえぐる(12月14~20日)

     長男を殺害したとして殺人罪に問われた元農林水産事務次官の熊沢英昭被告(76)が、東京地裁での裁判員裁判の最終意見陳述で言葉を詰まらせながら。16日に懲役6年の判決を言い渡された。

     米中両政府は、貿易戦争をめぐる通商協議で「第1段階」の合意に達した。中国側は米農産品購入拡大などを約束し、米国側は対中制裁関税を緩和する。トランプ米大統領がメリットを強調して。

     英下院総選挙で与党・保守党が大勝し欧州連合(EU)からの離脱へ前進したのを受け、ジョンソン首相が国民向けの演説で残留派に融和を呼びかけて。

     韓国を訪問した米国のビーガン北朝鮮担当特別代表がソウルで記者会見し、北朝鮮に対し非核化をめぐる米朝交渉の再開を求めて。

     サッカーのイングランド・プレミアリーグのアーセナルに所属する元ドイツ代表MFメスト・エジル選手がツイッターで、中国政府の新疆ウイグル自治区に対する政策を批判して。これに反発し、中国国営・中央テレビはアーセナル対マンチェスター・シティー戦の放送を中止した。

     2020年度から始まる大学入学共通テストで導入予定だった国語と数学の記述式問題について、萩生田光一文部科学相が会見で見送りを表明して。

     白血病で闘病生活を送る競泳女子の池江璃花子選手(19)=写真、ルネサンス=が自身のツイッターなどを更新し、退院したことを明らかにした。

    残り1196文字(全文1769文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月10日号

    中国発世界不況 新型コロナショック20 連鎖する“新型肺炎ショック” 日経平均「1万4000円」も ■岡田 英/浜田 健太郎24 自動車 中国ディーラーの7割「客ゼロ」 ■鈴木 貴元25 ハイテク PC・スマホの期待感しぼむ ■大山 聡26 インバウンド 中国客40万人減が日本の景気冷やす ■横山  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット