週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

100兆円の円高爆弾で1ドル=80円も=市岡繁男

     最近の株価は景気の実態を反映しておらず、先物主体の投機的な動きだという批判が一部の投資家の間にある。日経平均株価の時価総額は390兆円だが、先物を使えば、その30分の1以下の資金で指数を動かせるというのだ。これに対し、1日で1・1兆ドル(120兆円)の資金が動くドル・円市場は巨大で、マーケットを操作することは不可能だろう。

    (出所)ブルームバーグ
    (出所)ブルームバーグ

     そんなドル・円のチャートはいま、三角もちあいという形状で(図1)、次は円安・円高のどちらか一方に傾くシグナルだ。日経平均のチャートは下値を切り上げ、上値を追う力強い印象を受けるが、株価と連動することが多いドル・円市場は、方向性にまだ結論を下していない。

    (出所)財務省、日銀
    (出所)財務省、日銀

     だが、流れはすでに円高・株安に傾いているのではないか。2013年からの円安進行過程で巨額の対外証券投資が行われた。そんな海外投資を促進した形の日銀の当座預金残高の増加ペースは鈍化し、証券投資だけが上滑りしている(図2)。

     海外発の金融危機が日本にも波及した07~11年は、株安に伴って為替は大幅な円高に振れた。投資家が外債・外株を売却する過程で、外貨を円に替えたからだ。そんな潜在的な円高要因である対外証券投資が13年以降だけで約100兆円もある。海外発の株・債券の急落が起きるなら、1ドル=80円に戻るような円高もあり得よう。

    (市岡繁男・相場研究家)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット