国際・政治さらばEU

「離脱後」に何が起きる? シナリオ2 新協定間に合わず、移行期間1年延長=吉田健一郎

    通関手続きが復活するか(英ドーバー港)(Bloomberg)
    通関手続きが復活するか(英ドーバー港)(Bloomberg)

     2016年6月の国民投票から3年半、ブレグジットは一つの節目を迎えた。今度は英・EUの新たな関係性を定めた新協定の締結に向けた交渉が始まる。

     新協定は、「自由貿易協定(FTA)を核とした、刑事司法、外交や治安、国防などを含む貿易と経済協力に関する野心的、広範、柔軟なパートナーシップ」とされる。カナダ・EU間で17年9月に暫定発効した包括的経済貿易協定(CETA)がモデルになるとされるが、実際はそれよりもかなり幅広い協定が目指されており、「カナダ・プラス」などと呼ばれる。

     新協定の野心的な目標と裏腹に、交渉に用意された時間はあまりに短い。離脱後に英・EUは、新協定を協議…

    残り1021文字(全文1309文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット