週刊エコノミスト Online不動産コンサル長嶋修の一棟両断

立地適正化で進む街の二極化/39

    過疎化が進む奥多摩町のメイン通りは人通りもまばら
    過疎化が進む奥多摩町のメイン通りは人通りもまばら

     本格的な人口減少と少子高齢化社会が到来する。人口が減少すれば、自治体の主要財源である住民税が減る。自治体の人口密度が低下すると、上下水道のインフラ修繕やゴミ収集、北国では除雪などの行政サービスの効率が極端に落ち、限られた財源では非常に苦しい。

     また、空き家が一定以上増加すれば街は荒廃して、空き家を使った犯罪の温床になるなど治安も悪化する。地域全体の不動産価値の低下にもつながり、やはり自治体の主要財源である固定資産税の減収を招く。

     そこで、街を「人が集まって住むエリア」と「そうでないエリア」に分断し、行政効率や暮らしやすさを維持する「立地適正化計画」が進んでいる。2019年12月現在、全国1741自治体のうち499の自治体が策定しており、人が集まって住むエリアのことを「居住誘導区域」と呼ぶ。

    残り847文字(全文1197文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事