教養・歴史アートな時間

映画 フェアウェル 蛍光灯がなぜか暖かい 感情の色彩も重層的だ=芝山幹郎

    (c)2019 BIG BEACH, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
    (c)2019 BIG BEACH, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

    「フェアウェル」は「お別れ」を意味する。英語の題も日本語の題も同じだ。だが、中国語の題名は「彼女に言わないで」と訳すことができる。

     この微妙さが「フェアウェル」にはずっとついてまわる。実に巧緻な映画だ。ニュアンスが豊かで、感情の色彩も重層的で、その辺のお涙頂戴映画とは明らかに一線を画す。というより、映画の階級が断然高い。

     映画の序盤に、ニューヨークに暮らすビリー(オークワフィナ)が、中国の長春に住むナイナイ(チャオ・シュウチェン)と電話で話す場面が出てくる。

    残り931文字(全文1162文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事