国際・政治ワールドウオッチ

英国 「007」の拳銃盗まれる=竹鼻智

    「007」シリーズで使われた車などは今なお人気が高い (Bloomberg)
    「007」シリーズで使われた車などは今なお人気が高い (Bloomberg)

     ジェームズ・ボンドが主人公の映画「007」シリーズで使用された複数の拳銃が、ロンドン北部の個人宅から盗まれた。被害に遭ったのは、1970年代から2000年代にかけて上映された007作品で使用された拳銃で、中には銃身全体がクロム合金で覆われ、10万ポンド(約1340万円)以上の価値があるものもあった。拳銃は発砲できないように加工されており、収集品として保管されていた。

     事件が起きたのは3月23日。拳銃を保管していた個人宅の裏口から侵入した3人組を、近所の人が目撃して通報したが、警察が事件現場に到着した頃には、強盗団は既に車で去った後だったという。

    残り217文字(全文493文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事