マーケット・金融THE MARKET

金 混乱の中にも底堅さ=鈴木直美

     コロナショックでは安全資産とされる金ですら乱高下。ドル流動性低下を背景とする換金売り、先物証拠金引き上げに伴うポジション圧縮と、資産保全目的の金購入とが交錯し、不安定な推移となった。

     また、貴金属製錬の一大ハブであるスイスでの製錬所一時停止・欧州から米国への航空便減少で、NY先物市場で受け渡される金現物が不足。性格的に為替に近い金にも現物の生産・輸送と…

    残り267文字(全文445文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット