経済・企業コロナデフレの恐怖

市場に問われる開示姿勢=井出真吾

     5月に上場企業の決算発表がピークを迎えた。これまでに集計した1080社のうち、今年度の業績予想を「未定」としたのは56%に上った。自動車だけとってもトヨタ自動車が「8割減」としたのに対し、ホンダは「未定」とするなど対応が分かれた。

     際だったのは、ベアリング大手のミネベアミツミだ。21年3月期の純利益を15.2%減〜2.2%増と幅を持たせて開示した。20年3月期も23.6%減益であり、2期連続の2桁減益の可能性を示唆したことになる。にもかかわらず、発表翌日の株価は前日比で10%を超える急伸となった。投資家の間では逆に、これ以上は悪くならないという安心材料となったのだろう。「今期マイナス15%なら、来期はプラスに転じるだろう」と先を読むこともできる。

     業務用ソフトウエアのオービックビジネスコンサルタントは、純利益が8%ほどの減益になりそうだと発表した。それでも株価は翌日急上昇した。厳しい中でも投資家に何かしら手がかりを提供しようとする姿勢が評価された。

    残り510文字(全文941文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事