テクノロジー非接触ビジネス

コンビニ・スーパー 顧客やAIが商品読み取り 「人手不足対応」が奏功=名波義久

    顧客は、入り口で専用スマホを受け取る 筆者撮影
    顧客は、入り口で専用スマホを受け取る 筆者撮影

     スーパーやコンビニなどの小売り各社は、無人レジなどの導入で、非接触化の動きを加速させている。

     大手スーパーのイオンは3月から、レジに並ばない買い物スタイル「レジゴー」を一部店舗で本格稼働させた。顧客は店舗の入り口で貸し出し用専用スマートフォン(写真・上)を手に取り、顧客自身が商品をスキャンする。精算時は専用のセルフ精算レジに表示されたQRコードを読み込んで買い物情報をレジに送信、電子マネーやクレジットカードなどで決済する。5月15日オープンの「イオンスタイル有明ガーデン」(東京都江東区)では、すでに「レジゴー」の利用率が3割に達し、関心の高さがうかがえる。

     コンビニ各社ではキャッシュレス専用セルフレジの導入が進む。ローソンは昨年11月に有人レジをセルフレジに切り替えられるPOSレジの全店導入を完了。混雑時に3台のうち1台をセルフに切り替えるなど店が自由に判断できる(写真・下)。2月末時点で切り替えを活用するのは約1万4000店のうちの1800店に過ぎなかったが、「非接触」の需要が高まると急増し、現在は約7500店でセルフレジが稼働する。同社はキャッ…

    残り759文字(全文1241文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事