テクノロジー非接触ビジネス

米国 デート、フィットネス 急騰する非接触銘柄=菊地正俊

    非接触の出会いが増えそうだ(ティンダーのアプリ)(Bloomberg)
    非接触の出会いが増えそうだ(ティンダーのアプリ)(Bloomberg)

     新型コロナウイルス感染拡大をきっかけとして、日本で最も有名になった米国企業はズーム・ビデオ・コミュニケーションズだった。しかし、米国には他にも「ウィズコロナ」「アフターコロナ」企業が多数ある。

    「ティンダー」などのアプリを運営する「マッチ・グループ」は、ビデオデートの需要が増えたとして、2020年1~3月期の売上高は5・4億ドル(約580億円)に達し、2桁の増収増益だったと発表した。アプリやオンラインの継続使用やサービスで課金し、不審ユーザーの排除など安全性に配慮している。米国では従来からオンラインマッチングは浸透していたが、外出自粛などの影響から利用者が増えた。

     オンライン教育も広がるだろう。上場企業としては「2U」が大学向け、「チェグ」が主に中高校向け、とすみ分けている。チェグの20年1~3月期の売上高は前年同期比35%増の1・3億ドル(約140億円)。IR資料によると、390万人のサブスクライバー(有料課金加入者)がいる。

    残り608文字(全文1028文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット