テクノロジー非接触ビジネス

中国 非接触の先行く「無人経済」 自動防疫車や調理・配膳ロボ

    北京の繁華街を無人走行する「小垣水餃」の自動配送車 今年3月20日、筆者撮影
    北京の繁華街を無人走行する「小垣水餃」の自動配送車 今年3月20日、筆者撮影

     世界に先駆け、新型コロナウイルスの感染拡大にさらされた中国で、先進的な非接触サービスが次々と実用化されている。

     北京を代表するオフィス街・国貿。高層ビルが建ち並ぶ大通りを、小型の配送車がゆっくりしたスピードで走っていった。中国で200店舗以上を展開するギョーザチェーン店「小恒水餃」が出前用に導入した無人の自動配送車だ。

     開発したのは、2018年創業の北京のベンチャー企業「新石器慧通科技(ネオリックス)」。同社はレベル4の自動運転技術を武器に、主に観光地などを自動で巡回してジュースなどを売る自動販売車を提供してきた。

    残り889文字(全文1150文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事