教養・歴史

ついに開幕した米大リーグ 大谷翔平「二刀流」復帰はコロナのおかげ?【サンデー毎日】

    記者会見で笑顔を見せる大谷翔平選手=東京都千代田区の日本記者クラブで2018年11月22日午前10時14分、竹内紀臣撮影
    記者会見で笑顔を見せる大谷翔平選手=東京都千代田区の日本記者クラブで2018年11月22日午前10時14分、竹内紀臣撮影

    米国のナショナル・パスタイム(国民的娯楽)がやっと戻ってくる。

    新型コロナウイルスの影響で延期されていた米大リーグが、7月23日か24日に開幕することが決まった。

    開幕時期や試合数、報酬をめぐって米大リーグ機構(MLB)と選手会が対立していたが、両者が合意した。

    レギュラーシーズンは通常の162試合から60試合に大幅削減される。

    感染のリスクを減らすために移動を抑えて東・中・西地区の地区ごとに40試合、他リーグとの同地区対戦が20試合と決められた。 

    感染対策としてナ・リーグでの指名打者(DH)制や、延長戦で十回から走者を二塁に置いてイニングを始めるタイブレーク制導入、乱闘や審判への近距離抗議の禁止など新しい方策を取る。

    感染者の増加に備えて最大60人の「プレーヤー・プール」を設け、通常26人枠の「アクティブ・ロースター」も開幕後の2週間は30人、次の2週間は28 人に拡大する。 

    短期決戦となるため、有望な若手選手やマイナーリーガー、特に投手が多くプールされることを踏まえ、今季のマイナーリーグは中止されることになった。

    安全を重視して今季の出場を拒否する有力選手も増えている。

    昨季ワールドシリーズを制したナショナルズでは、通算270本塁打のジマーマン内野手と右腕ロス投手が今季欠場を決めた。

    ダイヤモンドバックスの通算105勝先発右腕リーク投手は、60試合保証分の年俸556万ドル(約6億円)を放棄して欠場を選んだ。 

    注目は、右肘手術で昨季は打者一筋だったエンゼルスの大谷翔平投手。

    開幕が遅れたことで「二刀流」復帰が間に合った。

    MLB公式サイトの予想では「先発投手・2番手」と「4番・DH」に名を連ねた。

    日本人投手ではカブスのダルビッシュ有やヤンキースの田中将大、マリナーズの菊池雄星、ツインズの前田健太が先発4番手までに挙がった。

    レッズの秋山翔吾ら野手陣の活躍も楽しみだ。

    (水木 圭)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事