法務・税務どうする? 実家の空き家&老朽マンション

「いい管理組合」とは 機能不全を見極める6書類 修繕資金と任期の見直しカギ=広田晃崇

    詳しくはこちら

     分譲マンションの管理には、建物や設備のメンテナンス状況のようなハード面の管理と、管理組合の活動や財務状況のようなソフト面の管理がある。お互いは密接にかかわっており、特にソフト面の管理がしっかりしていないと、ハードも急速に劣化する。このソフト面の管理の中核を担うのが「管理組合」だ。

     管理組合は、分譲マンションを購入した人(区分所有者)で構成される団体で、区分所有者は法律上、当然に組合員になり、管理費などを負担したり、総会での投票を通して管理組合の意思決定を行う。マンションの管理が適正に行われるには、この管理組合が機能していることが大前提になる。

     管理組合が機能するには、実行部隊のようなものが必要になる。その役割を担うのが「理事会」だ。理事会は理事長をはじめ複数の理事が毎月1回程度集まり、マンションの管理に関するさまざまな内容を議論する。そして与えられた権限の範囲で決議し、管理会社に指示を出す。しかし、築年の古いマンションになると理事のなり手も少なくなり、活動が低調になることも珍しくない。

    残り2033文字(全文2490文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事