教養・歴史アートな時間

舞台 俳優座「心の嘘」 対話不全に陥った家族劇 サム・シェパード作、本邦初演=濱田元子

    稽古場での出演陣の様子 提供/俳優座
    稽古場での出演陣の様子 提供/俳優座

     劇作家サム・シェパード(1943~2017年)といえば、映画俳優としての方がよく知られているかもしれない。「8月の家族たち」など多くに出演し、83年の「ライトスタッフ」では米アカデミー賞助演男優賞にノミネートされた。

     劇作家としてのシェパードは、現代アメリカ演劇を語るうえで欠かせない存在だ。ベトナム戦争や黒人暴動などで米社会が揺れた60年代、反体制文化の旗手として勃興期のオフ・オフ・ブロードウェーで活躍した。

     そのシェパードが70年代後半から手掛けたのが、「飢えた階級の呪い(原題:Curse of the Starving Class)」に始まる一連の家族劇。国家や体制、文明を父親を中心とする家族に仮託し、崩壊と喪失から蘇生への葛藤を描き出した。78年の「埋められた子供(Buried Child)」はピュリツァー賞を受けた。

    残り937文字(全文1305文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事