教養・歴史まだまだ上がる金&貴金属

金の日本史 大量の砂金が海外流出 「黄金の国ジパング」は今=村上隆

    江戸時代の三貨制で使われた金貨。左は1両の小判、右は1分金(4分で一両)(日本銀行貨幣博物館所蔵)
    江戸時代の三貨制で使われた金貨。左は1両の小判、右は1分金(4分で一両)(日本銀行貨幣博物館所蔵)

     日本史上、金の本格的な登場は奈良時代の749年である。陸奥国、現在の宮城県遠田郡涌谷町にて金産出の報が朝廷に届いた。聖武天皇の御代、国家の威信をかけて建立中の東大寺大仏を黄金色に荘厳(しょうごん)する金の調達に憂慮していた朝廷は歓喜し、直ちに「天平感宝」と祥瑞(しょうずい)改元(慶事で元号を変えること)した。古代日本では金銀は主に朝鮮半島からの輸入に頼っていたが、ここで日本は金の産出を誇る国となった。

     金の最大の魅力はさびないことである。銀や銅はさびると色が変わるが、金は輝きを失わない。不老不死の象徴として金が重用される理由だ。火山国日本の地表近くに生成した金鉱脈中の金は比較的小粒である。風化によって山が崩れると、小さな金粒が砂金として川底にたまる。比重の重い砂金を川砂から淘汰(とうた)すると簡単に金が手に入る。陸奥国の金も砂金である。

    残り1273文字(全文1647文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月29日号

    スガノミクス 狙う株14 バフェットの商社買い ソフトバンク株乱高下 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 ソフトバンクGのMBOは大ショック ■広木 隆17 市場関係者の見通し ■黒岩 泰/小高 貴久/市川 雅浩18 高揚感なき株高に埋もれた 隠れ高財務・割安株 30銘柄 ■大川 智宏21 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット