教養・歴史コロナで消える・勝ち残る大学

後期授業の行方 「全面対面」は全体の2割弱 オンライン主体は変わらず=編集部

    早稲田大では9月25日から秋学期(後期)の授業が始まった
    早稲田大では9月25日から秋学期(後期)の授業が始まった

     9月下旬から、多くの大学で後期授業が始まった。文部科学省の調査によると、ほぼ全ての大学が対面授業を実施予定とするものの、「全面対面」は全体の2割弱にとどまる。「対面と遠隔の併用」が8割で、そのうち約7割は対面の割合が全体の半分以下だという。

     緊急事態宣言が明け、小中高校で通常の授業が再開される中、対面授業への切り替えにちゅうちょする大学に対し、社会の厳しい目が注がれてきた。

     日本私立大学連盟の坂下嬢子事務局長は「どの大学も、対面授業を増やしたいと思っている。だが学生はアルバイトもするし、課外活動も活発だ。クラスターの発生リスクが中学高校とは比べものにならないということを理解してほしい」と憤る。

    残り2300文字(全文2601文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事