投資・運用

スルガ銀行 不正の構図「年収の20倍の借金」40代会社員“銀行との9年間”

スルガ銀行の行員からDさんに送られてきた書類2枚。左が“抱き合わせ”で購入を求めてきた2物件で、右はシェアハウスの書類。シェアハウスは土地購入と建築資金の2項目に分けて記載してある。※画像の一部を加工しています
スルガ銀行の行員からDさんに送られてきた書類2枚。左が“抱き合わせ”で購入を求めてきた2物件で、右はシェアハウスの書類。シェアハウスは土地購入と建築資金の2項目に分けて記載してある。※画像の一部を加工しています

アパート・マンション融資の“闇”(7)

 東京の西部に住む40代の会社員、Dさんが初めてスルガ銀行から融資を受けたのは2011年だった。勤務先の上司が不動産投資をしており、仲介業者を紹介された。「老後を考えると不労所得が必要。損はないです」との営業トークに誘われ、東京23区内の築数年のワンルームマンション1室を3500万円で購入した。金利3.6%で35年返済。スルガ銀行の東京支店から全額融資を受けた。

 Dさんにはまとまった資産はなかった。融資を受ける際、なぜか業者自身が1000万円を用意してDさんの他行の預金口座に入金し、すぐに引き出した。どうしてそんなことをするのか当時はわからなかった。いま振り返ると、銀行の融資審査を通すための“見せ金”だったのかと思う。

残り1060文字(全文1392文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事