テクノロジー日本経済総予測 2021

起業 注目はバイオ、宇宙関連=日比谷尚武

ファミリーマートでの導入も検討されているテレイグジスタンスの「Model-T」 テレイグジスタンス社のプレスリリースより
ファミリーマートでの導入も検討されているテレイグジスタンスの「Model-T」 テレイグジスタンス社のプレスリリースより

 これまでの価値観が通用しなくなった2020年だが、スタートアップ(起業)では勝ち負けが鮮明に出る年となった。

 苦境にあるのは、19年まで上り調子だったインバウンド(訪日客)周辺事業だが、加えて少し前にはやったRPA(業務自動化)やAI(人工知能)、そして企業が消費者に直接リーチするD2C(直販モデル)の領域で淘汰(とうた)が始まっている。特にAIの領域では、新技術の導入に慎重な日本企業の姿勢とも相まって、技術力がありながら事業としての伸び悩みが露呈、資金繰りに行き詰まって事実上の解散となった企業も少なくない。

 また、D2Cも参入のしやすさから競争が激化。製造ラインの確保や管理が追いつかず、ファッション系などを中心にふるい落としが行われている。

残り911文字(全文1237文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事