週刊エコノミスト Online闘論席

小林よしのりの闘論席

    撮影 中村琢磨
    撮影 中村琢磨

     コロナ脳のマスコミと専門家が隠蔽(いんぺい)する「不都合な真実」を列挙しておく。

     (1)子供の死亡者が0人。2020年4月に乳児の重症者が1人発表されたが、死亡者は0人である。

     (2)若者の死亡者も2人だけ。糖尿病の相撲取りと、もう1人しかいない。

     (3)老人の死亡者が19年より減っている。超過死亡数は過去3年に比べて大幅に減った。パンデミックが起きて超過死亡が減少するわけがなく、これこそコロナが「インフォデミック」(誤情報の拡散)である証拠だ。

     (4)インフルエンザが流行しないのは、感染対策を徹底したためではなく、先にコロナ感染が蔓延(まんえん)して「ウイルス干渉」(異なるウイルス同士で感染を阻害する現象)が起こったからである。マスクをしろ、3密を避けろと対策が強化されたのは20年4月の緊急事態宣言ごろからで、インフルの患者数はそれ以前から減少していた。

    残り453文字(全文837文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事