教養・歴史アートな時間

映画 ヤクザと家族 The Family ギャングなのか任侠なのか 行き場をなくす疑似家族=野島孝一

    ©2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会
    ©2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

    「新聞記者」で高く評価された藤井道人監督の最新作。「宇宙でいちばんあかるい屋根」というファンタジーを挟んで、再び社会派アクションに戻ってきた。綾野剛と舘ひろしがヤクザになる。「今ごろヤクザ映画かよ」という思いは誰しもが持つと思う。確かにヤクザ映画ではあるが、藤井監督が、パターン化されたヤクザ映画を撮るはずがない。1999年、2005年、19年という三つの時点で章を分けた大河ドラマ的な構成で、チンピラからヤクザに成り上がった男の足跡をたどる。

     前半と後半ではスクリーンのサイズを変え、思い切った撮影手法を導入している。「帝一の國」「新聞記者」を撮った今村圭佑カメラマンの腕の見せ所だ。

    残り895文字(全文1188文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事