経済・企業深層真相

出遅れ国産コロナ治療薬 自前の設備ない弱み露呈

     世界の新型コロナウイルスの治療薬開発で、日本勢が劣勢に立たされている。治療薬開発で先頭に立つのはウイルスの増殖を抑え込む抗体医薬で、世界で120以上の開発プログラムが進むが、国内の臨床試験はゼロ。中外製薬が米リジェネロン・ファーマシューティカルズの抗体医薬の日本への導入を発表したのみで、塩野義製薬は今年度内の低分子のコロナ治療薬の臨床試験入りを断念するなど、ワクチ…

    残り278文字(全文462文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事