国際・政治

EUから完全離脱した英国 禍根を残した相互不信の溝=石野なつみ

    今のところ物流に大きな混乱はないが……(1月5日、英ドーバー港) (Bloomberg)
    今のところ物流に大きな混乱はないが……(1月5日、英ドーバー港) (Bloomberg)

     英国が2020年12月31日深夜、欧州連合(EU)から完全に離脱した。フランスのドゴール大統領が1961年、「英国は米国のトロイの木馬」として英国の欧州経済共同体(EEC)加盟を拒否してから60年。英国はEUの前身、EC(欧州共同体)へ73年に加盟したが、英国と大陸欧州の山あり谷ありの関係がついに幕を閉じた。今後は近くて遠い関係が続くことになる。

     英国がEUと離脱協定で合意し、正式にEUを離脱したのは20年1月。その後、年末までは事実上EUにとどまる移行期間とし、離脱後の英国とEUの関係を規定する将来協定の交渉に入っていたが、(1)漁業権、(2)公平な競争環境、(3)紛争解決のためのガバナンス――の3点で難航。当初は20年10月末に設定された交渉期限は幾度となく延長され、12月に入ると日々緊迫した状況が続いた。

    残り2559文字(全文2920文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月5日号

    安い日本 超円安時代16 外食、賃金、学費 安売り大国を覆う不安 ■浜田 健太郎/加藤 結花18 インタビュー 渡辺努 東京大学大学院教授 「物価上昇にカルテルの一時容認を」19 1ドル=360円時代 急増する対外直接投資と環流しない企業利益 ■佐々木 融22 パラダイム転換 1ドル=120円常態化 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事