国際・政治ワールドウオッチ

インド 電動二輪車シェアの需要増=天野友紀子

    ユールー・バイクスの電動スクーター ユールー・バイクス提供
    ユールー・バイクスの電動スクーター ユールー・バイクス提供

     新型コロナウイルス禍のインドで、電動を含む二輪車のシェアリング需要が増加している。感染への懸念から、他人と接することなく安価に移動できる手段として、自家用車を持たないブルーカラー(労働階級)や若者の間で利用が拡大。専門家は「需要はコロナ前の1・2〜1・5倍に増えた」と指摘する。コストパフォーマンスに優れた電動車が特に注目を集める。

     ユールー・バイクス、バウンス、ボゴ、エボ・レンタルズといった新興企業が二輪車シェアサービスを展開する。この4社のうちユールーとエボは電動二輪車専門。バウンスとボゴはガソリン車でサービスを開始したが、コスパの良さから電動二輪車を増やす方向にシフトしている。電動二輪車は稼働率が高ければ運用コストを低く抑えることができ、サービスの低価格化と利益確保の両方が実現できるためだ。

    残り172文字(全文525文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月16日号

    コロナ後に残る弁護士14 売り上げ大幅減の“マチ弁” 「デジタル」で分かれた明暗 ■岡田 英/加藤 結花17 情報発信、専門性に磨き 遠方からも稼ぐ法律事務所 ■加藤 結花18 ここまで進化 仕事にもつながる!弁護士のSNS活用術 ツイッター 大西洋一 大西総合法律事務所代表 ユーチューブ 藤吉修崇 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事