経済・企業深層真相

老舗法律専門紙の破産 「息切れ型」増加の前兆

    「長引くコロナ禍と不況が続き、経営が著しく悪化し、やむを得ず今回、破産の手続きを致すことになりました」。関係先への通知を最後に、1945年創業の老舗専門紙『法律新聞社(神奈川県鎌倉市)』が昨年末、ひっそりと事業をたたんだ。法曹界では数少ない報道紙『週刊法律新聞』のほか、日本初の弁護士情報書といわれる『全国弁護士大観』(年1回発刊)の出版を手がけていた。

    『全国弁護士大観』は、日本弁護士連合会の協力で77年に初版を発行。全国の弁護士の顔写真、経歴などを網羅した情報書として、法曹関係者の間で親しまれた。しかし、かつては希少だった弁護士情報も、今ではネットで簡単に無料で入手できる。「購読者は減り、ネット対応も後手に回るなか、コロナ禍が最後のトドメとなった」(帝国データバンク横浜支店)。

    残り118文字(全文461文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月1日号

    需要大爆発 半導体 メタバース、グリーン、デジタル14 業界予測超える新次元成長 日本の期待は装置・材料 ■村田 晋一郎/斎藤 信世17 需要が爆発 世界的なデジタル、グリーン化 ■南川 明20 不足解消は? 最短22年春も常態化の懸念 ■戸澤 正紀21 インタビュー 貝沼 由久 ミネベアミツミ会長 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事