教養・歴史書評

『「利他」とは何か』 伊藤亜紗編、中島岳志ほか著 集英社新書 924円

『「利他」とは何か』 伊藤亜紗編、中島岳志ほか著 集英社新書 924円

「利他」について専門の異なる5人の研究者が論じた。といっても「自己利益を求めるばかりでなく、人のために行動しよう」と道徳を説くわけではない。まず目を向けるのは、利他がはらむ危険性だ。利他的行動の効果を求めれば、相手を支配しコントロールすることにつながる。返せない贈与は相手に負い目を与え、上下関係を生む。利他を考えることは、他者との関わり方を考えることなのだ。作為を超えた不確実性に開く姿勢が、5人に通じる。(A)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事