週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

量的緩和の「寿命」はあと半年から1年

    量的緩和の間は株価は堅調に推移=市岡繁男

     米連邦準備制度理事会(FRB)は毎月1400億ドル(約15兆円)の米国債や政府機関債を購入している(量的緩和政策)。銀行などはその売却代金を主に短期金融市場で運用しているが、あまりに多額で短期金利はマイナスになる寸前だ。それでは困るのでFRBは連日1兆ドル以上の資金を吸い上げている(リバース・レポ)。

     だったら量的緩和を縮小(テーパリング)したらよいと思うのだが、パウエルFRB議長は長期金利の上昇と、それに伴う株価下落を懸念しているようだ。議長には2018年12月の利上げで株価が急落したトラウマがあり、利上げはもちろん、テーパリングもやりたくないのだ。

    残り290文字(全文590文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月26日号

    もう会社に頼らない FIRE資産形成術16 「不安な時代」を生き抜く 経済的独立&早期リタイア ■種市 房子18 あなたはどのタイプ? 完全リタイアも副収入も 詳細解説FIRE4パターン ■横谷 聡 フルFIRE/倹約型FIRE/サイドFIRE/スローFIRE21 目指せ1億円!? FIREへの資産 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事