教養・歴史書評

自閉症者は極上の受け手 読む行為の再考促す一冊=ブレイディみかこ

    ×月×日

     先日、あるイベントで、参加者からの「社会を変えるために何が必要か」みたいな真面目な質問に対して、「元気」と答えてしまった。自分が病み上がりだったので単なる願望だったのかもしれないが、そういえば「元気」って英語で何?と調べて驚いた。英辞郎on the WEBにいちじるしい数の訳語があったからだ。「action」というのは意外だし、「animal spirits」(ほんまかいな)、「blood」「jazz」なんてのもある。

     40近くもある訳語を読みながら、『嗅ぐ文学、動く言葉、感じる読書 自閉症者と小説を読む』(ラルフ・ジェームズ・サヴァリーズ著、岩坂彰訳、みすず書房、4180円)を思い出した。一つの言葉に対する訳語の激烈な多さとさまざまなること(これを多様性という)は本の読み方に似ていると思ったからだ。

    残り1043文字(全文1403文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月2日号

    地震、台風、土石流 あなたの町の危険度16 水害発生地でなくても区内は5%地価下落 ■中園 敦二/和田 肇18 「災害リスク税」の創設を ■釜井 俊孝19 首都圏人気路線安全度 利便性や土地ブランド優先 必ずしもリスクを反映せず ■横山 芳春20 東急東横線 反町、妙蓮寺、白楽に着目21 東急田園都 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事