投資・運用THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 日経平均、3万6000円台視野=秋野充成

 菅義偉首相の退陣表明をきっかけに日本株の相場反転が始まった。日本株は3月中旬以降、欧米株に対してパフォーマンスが悪化し、8月末は劣後状況がピークだった。その要因は、東京五輪の開催前後の時期に起こった新型コロナの変異株デルタ株の感染爆発と菅内閣の支持率低迷による政局不安だった。

 デルタ株感染は8月末にはピークを超え、菅首相の退陣で政局不安は払拭(ふっしょく)された。これに外国人投資家が敏感に反応。8月4週から9月3週にかけて現物と先物を合わせて2兆2000億円以上の日本株を買い越した。このショートカバー(売りポジション解消)を原動力にして日経平均株価は8月20日の安値(2万6954円)から9月14日の高値(3万795円)まで14%強の急上昇で、31年ぶりの水準に達した。3月22日を起点とした…

残り525文字(全文875文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事