教養・歴史アートな時間

「真実」と「尊厳」の選択を迫られた人間の壮絶バトル=野島孝一

    ©2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.
    ©2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

    映画 最後の決闘裁判 真実と人間の尊厳の狭間(はざま)で巨匠が描く壮絶バトルの結末

     人は自分の行為を正当化したがり、他人の行為を厳しく判定する傾向がある。83歳の巨匠監督リドリー・スコットは、そのような人間心理の機微をフランスで実際に行われた決闘裁判を通して描き出した。人間の尊厳と誇り、勇気についてこれほど核心に迫った映画は少ない。

     決闘裁判とは、今では死語になったが、中世ヨーロッパでは広く行われた。原告と被告の言い分が食い違う場合、決闘で決着をつけた。裁くのは神というわけだ。

    残り999文字(全文1240文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事