教養・歴史アートな時間

「真実」と「尊厳」の選択を迫られた人間の壮絶バトル=野島孝一

©2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.
©2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

映画 最後の決闘裁判 真実と人間の尊厳の狭間(はざま)で巨匠が描く壮絶バトルの結末

 人は自分の行為を正当化したがり、他人の行為を厳しく判定する傾向がある。83歳の巨匠監督リドリー・スコットは、そのような人間心理の機微をフランスで実際に行われた決闘裁判を通して描き出した。人間の尊厳と誇り、勇気についてこれほど核心に迫った映画は少ない。

 決闘裁判とは、今では死語になったが、中世ヨーロッパでは広く行われた。原告と被告の言い分が食い違う場合、決闘で決着をつけた。裁くのは神というわけだ。

残り999文字(全文1240文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事