マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 米国GDP(10月28日) デルタ株の影響で成長鈍化=窪谷浩

 10月28日に米国で2021年7~9月期のGDP(国内総生産)が公表される。米国経済は今年に入ってから個人消費主導の堅調な景気回復が続いたが、7月以降はデルタ株の拡大に伴い新型コロナウイルスの感染者数が大幅に増加しているため、経済への影響を見極める上で注目される。

 21年4~6月期を振り返ると、実質GDP成長率は前期比年率6.7%増と前期の同6.3%増並みの堅調な伸びを維持した。需要項目別では住宅投資が同11.7%減と4期ぶりにマイナスに転じた一方、設備投資が同9.2%増と好調を維持したほか、個人消費が同12.0%と2期連続で2ケタの…

残り407文字(全文678文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事