投資・運用THE MARKET

金 金利上昇で当面は逆風=鈴木直美

     金は「インフレヘッジに適した商品」だが、「金利上昇に弱い商品」でもある。足元のインフレ加速の中で金に対する強弱感が入り交じっている。

     金は11月10日に発表された米国の10月分消費者物価指数(CPI)が6%台に乗せた際は、上値を試したが、インフレの加速は金融引き締め前倒しの観測を生み、金価格の上昇も短命に終わっている。

     バイデン米大統領のパウエル議長の再任見込みなどで、金融市場は米連邦準備制度理事会(FRB)による早期の資産買い入れ縮小加速と、2022年中の複数回利上げを織り込み、金相場は急反落している。その後、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の出現で、FRBの利上げ観測が揺らぐと、金価格は下げ止まったが、資金逃避のための金買いは限定的だった。「オミクロン株」が米利上げや金相場にどう影響するのか、まだ…

    残り81文字(全文442文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事