週刊エコノミスト Online

新築戸建て「内覧会シーズン」確認したい三つのこと<経済プレミア>

     
     

     年明けの1~3月は新築戸建て住宅の引き渡しが集中する。引き渡し前には注文主(施主)が建設工事の仕上がりを最終確認する「内覧会」がある。不具合や是正すべき点があれば、引き渡しまでに手直しや交換を要求できる「完成検査」にあたる重要な場だ。自分の理想通りの住まいを手に入れるためには、ぜひとも後悔のないように臨みたい。ポイントを解説しよう。

    「午前9時スタート」が望ましいワケ

     内覧会とは、完成した住宅が契約通りに建てられているか、施工ミスや不具合がないかなどを確認する「最終チェック」だ。あわせて住宅の設備機器などについても説明を受ける。

     注文主は、問題があれば指摘して対応を求め、売り主・施工業者と注文主の双方で問題がないことを確認して初めて引き渡しとなる流れだ。

     住宅が完成すると、施工業者から連絡があり、内覧会の日程を決めることになる。

     日取りは、引き渡しの2週間以上前、遅くとも1週間前までにしたい。仮に問題があった場合、引き渡しまでに手直しする時間が必要なためだ。

     時間は午前9~10時の早いスタートがいい。建物のチェックは、建築士でも2時間程度はかかり、機能点検や内装材の傷や汚れなどを細かく見ていけば4時間くらいかかるのも珍しくない。この時期の日没は早い。塀や門、庭、車庫など外回り(外構)や照明器具のない部屋などをチェックするには、日照が良好な時間帯をできるだけ確保したい。

     
     

    ドアの確認「普通の力加減」で

     当日、まず確認すべき点は三つだ。

     一つ目は、図面と実際の建物に違いがないかどうか。たとえば、ドアの開閉方向や窓の位置、照明器具やコンセント・スイッチ類の数などだ。図面に書かれた記号などをチェックしながら、部屋の中を回るといいだろう。

     二つ目は、取り付けてあるものの動作確認だ。

     例えば、ドアや窓は、日常生活と同じような力加減で開閉してみよう。気を使ってそっと動かしがちだが、ゆっくり開けると音がしないのに普通の力加減ではギーギー音が鳴るという場合もある。みすみす不具合を見逃すことになりかねない。

     キッチンやトイレ、洗面台などの水回りは、売り主や施工会社に承諾を得たうえで、実際に水を流してみよう。これで水漏れの発生に気付くことがある。

     三つ目は、換気扇など機械類の動作確認だ。電気工事が終わっておらず、スイッチを押しても機械が動かないというケースは実際にある。必ず確認しよう。

     「音」も大事だ。異常に大きな音がするため確認すると配管内に異物があった例もある。

     この三つは、住まいの性能をみるうえで特に重要な項目だ。これをしっかりチェックしたうえで、内装材の傷や汚れなどの点検を始めるといいだろう。

     
     

    「いつまでに直るか」は念押し

     内覧会で不具合や問題が見つかり、それを指摘した場合は、いつまでに直すことができるのかをきちんと確認しよう。

     明らかに雑な工事であったり注文と異なる仕上がりであったりすれば、一部解体を伴う工事になることもある。新築戸建ての場合、内覧会が再度行われることは少ない。不具合や問題が多い場合は、売り主や施工業者に「残工事リスト」を提出してもらい、引き渡し時に全てが直っているかどうか確認しよう。

     引き渡しまでにはすべての修繕が完了しているのが基本だが、現在、トイレやガス給湯器などの住宅設備機器では欠品・納品遅れが生じており「引き渡し前には完了しない」と回答されることもありうる。その場合は、工事内容や完了予定時期を明確にした書面をやりとりしよう。口頭だけでは後でトラブルになる可能性がある。

     内覧会は「完成検査」として重要な場だが、建築知識のない素人には判断が難しいことも多い。建築士資格を持つホームインスペクター(住宅診断士)などに同行してもらうサービスも普及している。自分だけでは不安だという場合は検討してみよう。

     住宅は一生の買い物だ。新築、特に注文住宅の場合は1枚のタイルにもこだわり、デザインや材質にも時間とお金をかけているという人も多いだろう。内覧会のチェックは、納得がいくまで徹底して行おう。

    (さくら事務所・個人向け不動産コンサルティング)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月1日号

    需要大爆発 半導体 メタバース、グリーン、デジタル14 業界予測超える新次元成長 日本の期待は装置・材料 ■村田 晋一郎/斎藤 信世17 需要が爆発 世界的なデジタル、グリーン化 ■南川 明20 不足解消は? 最短22年春も常態化の懸念 ■戸澤 正紀21 インタビュー 貝沼 由久 ミネベアミツミ会長 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事