教養・歴史書評

『タカラヅカの解剖図鑑 詳説世界史』 中本千晶著 エクスナレッジ 1980円

    『タカラヅカの解剖図鑑 詳説世界史』 中本千晶著 エクスナレッジ 1980円

     宝塚歌劇には、戦争や革命を題材としていたり歴史上の有名人が主人公である作品が多い。そうした作品を通じて高校レベルの世界史を学べるよう試みている。例えば、代表作「ベルサイユのばら」(1974年初演)の名場面を振り返りながらフランス革命のきっかけを解説し、「虞美人(ぐびじん)」(51年初演)で項羽と劉邦(りゅうほう)の対決の裏側を探る、といった構成だ。地図やイラスト満載で、「ヅカファン」ならずとも楽しみながら歴史を学ぶことができそうだ。(Y)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事