週刊エコノミスト Online

新型Zに軽EV「東京オートサロン」今年の見どころは?<経済プレミア>

    日産自動車が2021年8月に発表した米国仕様の新型Z=同社提供
    日産自動車が2021年8月に発表した米国仕様の新型Z=同社提供

      自動車の祭典「東京オートサロン」が1月14~16日、千葉市の幕張メッセで開かれる。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止となり、オンライン開催となった。リアル開催は2年ぶりとなる。

     新春恒例の東京オートサロンは世界最大級のカスタムカー(特別仕様車)のイベントとして知られる。近年は大手自動車メーカーが東京モーターショーだけでなく、東京オートサロンに合わせ、話題の新モデルを発表するケースが増えている。

     東京オートサロンは東京モーターショーよりも、クルマを趣味として楽しむ要素が多い。今回、クルマ好きの心をとらえるクルマは何だろうか。

     前回2020年の東京オートサロンでは、トヨタ自動車が豊田章男社長肝煎りの高性能スポーツカー「GRヤリス」を世界で初公開し、クルマ好きの関心を集めた。

    気になる新型フェアレディZ

     今回の注目株は、満を持して登場する日産自動車の新型「フェアレディZ」だろう。日産は新型Zのプロトタイプ(試作車)を20年9月に発表。米国仕様のZを21年8月にニューヨークで公開し、米国では22年春に発売するが、日本向けのフェアレディZの発表は今回が初めてとなる。日産は14日、日本国内では6月下旬ごろから発売すると発表した。

    新型Zの日本でのお披露目は今回の東京オートサロンとなる=日産自動車提供
    新型Zの日本でのお披露目は今回の東京オートサロンとなる=日産自動車提供

     フェアレディZは日産にとって、GT-Rと並ぶイメージリーダーカーだ。1969年に初代が登場したZは、比較的安価な高性能スポーツカーとして日本だけでなく米国で大ヒット。70~80年代、世界中に日産ファンを増やした。

     ところが日産は90年代後半に経営不振に陥り、コストカットを進めた当時のカルロス・ゴーン社長が00年に4代目Zの生産を打ち切り、一時絶版となった。

     その後、日産はV字回復を遂げ、02年に5代目のZが登場。5代目は“日産復活”の象徴になった。

    初代Zのデザイン引き継ぎ

     今回の新型Zは事実上7代目に当たるモデルで、初代のシルエットやモチーフを引き継いだ伝統あふれるデザインが特徴だ。

    新型Z(右)は初代(左)の伝統を引き継いだデザインが魅力だ=日産自動車提供
    新型Z(右)は初代(左)の伝統を引き継いだデザインが魅力だ=日産自動車提供

     米国仕様と同じく日本仕様のZも、最高出力405馬力の3リッターV6ツインターボエンジンを搭載し、6速マニュアルと9速オートマチックがある。

     日産は現在、内田誠社長兼最高経営責任者(CEO)の下、事業構造改革を進めている。販売車種を23年度までに2割削減し、世界で競争力のある車種に絞り込む計画だ。新型Zは日産のイメージリーダーカーとしての役割を果たせるか注目される。

    トヨタ、ホンダなども意欲作

     このほか、今回の東京オートサロンでは、三菱自動車工業が日産と共同開発し、22年度初頭に発売する軽の電気自動車(EV)を初公開する。

    三菱自動車工業が東京オートサロンで初公開する軽のEV=同社提供
    三菱自動車工業が東京オートサロンで初公開する軽のEV=同社提供

     トヨタはGRヤリスのフルチューンモデル、ホンダは新型「シビック・タイプR」のプロトタイプを出品する。いずれも本格スポーツカーとして、クルマ好きの関心を集めそうだ。

     新型シビック・タイプRはホンダが22年内に発売する予定で、ホンダは展示ブース内でテスト走行や開発中の映像を公開するという。

     東京オートサロンは、14日が自動車業界や報道関係者向けの公開で、一般公開は15~16日となる。

    (川口雅浩・毎日新聞経済プレミア編集長)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事