経済・企業深層真相

出光が社運をかけた海外製油所が操業停止危機

出光の海外製油所が危機 背景にいびつな株主構成

 出光興産が社運をかけて立ち上げたベトナムの製油所に、暗雲が垂れこめている。合弁相手との経営上の対立により操業停止の可能性も取り沙汰され、抜本的な解決策が見いだせない状況だ。

 問題になっているのは2018年に商用生産を始めたベトナム北部にあるニソン製油所。日本企業が主導する唯一の海外製油所で、総事業費は約1兆円。原油精製能力は日量約20万バレルと、ベトナムの石油需要の約3…

残り316文字(全文526文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事