週刊エコノミスト Online

現代ロシア作家に広がる「プーチン支持」 ドストエフスキー、トルストイの“文学大国”はどこへ

    「対独戦勝記念日」に参加するロシアの軍人 Bloomberg
    「対独戦勝記念日」に参加するロシアの軍人 Bloomberg

     《ロシアの現代作家の間でプーチン支持が広がっている。スターリン礼賛や領土拡張の訴えなど、愛国主義的あるいは帝国主義的な主張が共感を呼び、人気作品を生んでいる》

     ロシアの歴史の中で文学はつねに単なる文学以上のものであり、作家は社会の批判者として道徳的な役割を演じてきた。社会主義サークルに属していたドストエフスキーは逮捕されて一度は死刑になりかけ、後にシベリアに流刑された。非暴力や反戦主義を唱えたトルストイは専制や教会を鋭く糾弾し、皇帝をもしのぐほどの世界的権威となった。ソ連時代には国家のイデオロギーによって創作の自由が厳しく制限され、数多くの作家が弾圧の犠牲となった。収容所の過酷な実態を暴いてノーベル文学賞を受賞したソルジェニーツィンはアメリカに亡命し、海の向こうから国家という巨大な存在と文字通りペン一本で闘った。

    プーチン政権で文学も変わった

     「文学中心主義」とも呼ばれるこのような伝統はソ連の崩壊によって危機に陥った。1980年代後半、当時のゴルバチョフ書記長が進めたペレストロイカ(改革)期には、数百万部という驚異的な部数を記録した各種文芸誌も、91年にソ連がなくなると数千~数万部まで部数を落とした。作家は創作の自由を得た一方、市場経済の導入により文学はビジネス化し、ミステリやSFなど大衆ジャンルが台頭する中でいわゆる純文学は苦戦を強いられることになった。かつてのように社会に絶大な影響力を及ぼすような作家は存在せず、道徳的権威としての作家像は廃れた。よくも悪くも、ソ連崩壊によってロシア文学は「普通」になったように見えたのだ。

     風向きが変わったのは21世紀に入ってからだ。プーチン政権下でテレビ局など独立系のメディアが次々に国家の管理下に置かれ、正面から政権批判を行うことが難しくなった。公然と検閲が行われていたわけではないものの、権力の介入を警戒した作家たちはフィクションの中で「プーチンのロシア」の将来を思い描いた。

    西側との断絶や独裁を予言

     ポストモダンと呼ばれる実験的な文学潮流を代表する作家の一人であるウラジーミル・ソローキン氏(55年生まれ)は、文学を通して警告を発する作家の一人だ。モスクワのアンダーグラウンド芸術にルーツを持ち、暴力やエロスが氾濫する過激な作品は検閲が緩んだペレストロイカ期ですら活字にできず、ソ連崩壊後の90年代にようやく国内で出版が始まった。

     06年に発表した『親衛隊士の日』(13年邦訳、河出書房新社)は2028年に復活した「帝国」ロシアを描いたディストピア(暗黒郷)小説で、イワン雷帝(16世紀のロシアの強権皇帝)を思わせる専制君主が私的な親衛隊の暴力によって国を支配している。西側世界との断絶、天然資源への依存、中国との隷属的な関係など、その予言的な内容に改めて注目が集まっている。2月24日のウクライナ侵攻を受けて即座に独自のプーチン論を西側のメディア向けに発表し、プーチン大統領を「モンスター」と呼んで鋭く批判した。

    半亡命の政権批判作家

     人気の探偵小説作家ボリス・アクーニン氏(56年生まれ)は反プーチンデモを組織するなどして活発に政権批判を行ってきた。元々は三島由紀夫作品の翻訳などを手がける日本文学研究者で、「アクーニン」というペンネームは日本語の「悪人」に由来している。歴史探偵小説『エラスト・ファンドーリンの冒険』シリーズは大ベストセラーとなり、ロシアでもっとも裕福な作家の一人とされる。

     プーチンが大統領に返り咲いた12年にアクーニン氏ら有名作家たちが呼びかけたデモでは、数千人の読者たちとともにモスクワの街をただ「散歩」するという平和的な形で抵抗の意思を示した。13年からはイデオロギー性を排した独自の「ロシア国家史」の執筆に精力的に取り組んでいたが、14年のクリミア併合後はイギリスに半ば亡命状態になっている。

     今回のウクライナ侵攻を受けて仲間の知識人らとともに「本当のロシア」というサイトを立ち上げ、「プーチンのロシア」はロシアの本当の姿ではないと訴えながら、ウクライナ人への支援金を募っている。

    独裁者スターリンを礼賛する人が増えている Bloomberg
    独裁者スターリンを礼賛する人が増えている Bloomberg

    愛国的作家が台頭

     このように体制に批判的な作家がいる一方で、逆の立場の作家もいる。サンクトペテルブルグの作家パーヴェル・クルサーノフ氏(61年生まれ)は、ソ連のアンダーグラウンド・ロックの世界で活躍した後、文学活動に転じた。作品は徐々に帝国主義的傾向を強め、出世作となった歴史改変小説『天使に噛まれて』(00年)はその反米的な内容が物議を醸した。地元の知識人らと「ペテルブルグの原理主義者」と称するグループを結成し、02年には芸術的な「パフォーマンス」としてプーチン大統領宛にロシアの領土拡張を訴える公開書簡を送った。

     プーチン政権下でロシア文学は急速に保守化したが、今回のウクライナ侵攻との関連でとくに見逃せないのは、若い世代による愛国的な文学の台頭だ。この傾向を代表するザハール・プリレーピン氏(75年生まれ)は、大学で学ぶかたわらオモン(ロシア警察特殊部隊)隊員としてチェチェン紛争(ロシアからの分離独立を目指すチェチェン共和国との紛争)に従軍し、戦場での実体験にもとづいて書いた戦争小説「病理」(04年)でデビューした。

     荒削りながらエネルギッシュで躍動感のある文体を持ち味とし、作中ではしばしばマチズモやヒロイズムが強調される。「帝国」としてのロシアを賛美し、ブログや作中でプーチン大統領をじかに「皇帝」と呼んでいる。

     もっとも、プリレーピン氏は最初からプーチン大統領を支持していたわけではなく、かつては「ナショナル・ボリシェヴィキ党(NBP)」という極右と極左の要素を併せ持つ過激な反体制政党の党員だった。ファシズム的なイデオロギーなどから「ネオナチ」と称されることもあるが、党首エドゥアルド・リモーノフ氏のカリスマ性も手伝ってNBPは愛国的な若者の間で人気を博し、90年代ロシアのサブカルチャーを象徴する現象の一つにもなった。

     客観的に見て、ロシアの現代文学におけるプリレーピン氏の快進撃はめざましいものだ。ヤースナヤ・ポリャーナ賞、ナショナル・ベストセラー賞、ビッグ・ブック賞などロシアの主要な文学賞を相次いで受賞し、11年にはスーパー・ナツベスト賞(過去10年間のナショナル・ベストセラー賞受賞作の中からとくに優れた作品に贈られる賞)に輝いている。また、創作だけでなく評論活動や若手作家のアンソロジー(作品集)の編纂(へんさん)などにも積極的に取り組んでおり、新世代の文学の牽引役として存在感を示した。さらにその旺盛な活動は文学の領域のみに留まらず、俳優やミュージシャンなど多彩な顔を持っており、自身のユーチューブ・チャンネルも開設している(チャンネル登録者数16.5万人)。

    ロシア文学の岐路

     その一方で、公然とスターリンを礼賛するエッセイ(12年)を発表するなど、強い愛国心に裏打ちされた過激な政治的言動はたびたび問題視されてきた。リベラル派との溝は次第に深まり、14年のクリミア危機をきっかけにプーチン支持に転向した。ウクライナ東部のドンバス戦争にも積極的に関与する姿勢を見せ、「ドネツク人民共和国」の首長アレクサンドル・ザハルチェンコ氏の顧問となり、同地で自身の大隊を招集した。18年8月にザハルチェンコ氏が暗殺される1カ月前にロシアに帰国したとされるが、その後のユーチューブのインタビューで自分の大隊がいかに多くの敵を殺害したかを自慢げに語り、これまた物議を醸した。

     筆者がプリレーピン氏の話をすると、なぜこのような作家が多くの読者から支持されるのかとよく尋ねられる。その理由はおそらく、特定のイデオロギーよりも愛国心を第一に置く姿勢が、プーチン大統領が長年にわたって積極的に推し進めてきた愛国主義政策にこの上なくマッチしているからだろう。プリレーピン現象が映し出しているのは、「愛国」という名目さえあれば何でもまかり通るかのようなロシア社会の危うい空気だ。

     日本をはじめ西側のメディアでは戦争に反対する作家の声が積極的に取り上げられているが、残念ながらロシア国内においてそれは多数派ではなく、プリレーピン氏を筆頭に多くの作家がプーチン大統領の「特別軍事作戦」を支持しているという現実がある。分断はこの上なく深刻であり、文学大国ロシアは今まさに岐路に立たされている。

    (松下隆志・岩手大学准教授)

     【現代ロシア作家と作品紹介】

    ウラジーミル・ソローキン

    『親衛隊士の日』(06年)(河出書房新社、松下隆志訳、邦訳13年)

     2028年のロシアを舞台にした近未来小説。強大な専制君主が「オプリーチニナ」と呼ばれるイワン雷帝時代に実在した親衛隊の力を用いて恐怖政治を敷いている。

     西側とは断絶し、ロシアとヨーロッパの間には万里の長城を思わせる巨大な壁が築かれている。経済面では相変わらず天然資源の輸出に頼る一方、中国への依存は強まっている。

     作中では君主の若き親衛隊員であるコミャーガの暴力に満ちた多忙な1日が描かれる。

     ボリス・アクーニン

    『堕天使(アザゼル)殺人事件』(98年)(岩波書店、沼野恭子訳、邦訳15年)

     「ロシア版シャーロックホームズ」とも呼ばれる「エラスト・ファンドーリンの冒険」シリーズの第一作。

     1876年のモスクワやロンドンが舞台で、モスクワ警察特捜部にやって来たばかりの新人で弱冠二十歳のファンドーリンが、とある青年の拳銃自殺の調査に乗り出した。簡単な事件と思いきや、新たな殺人が起き、事件は急展開。やがて国際秘密組織と対決することになる。

     随所に仕掛けられたロシアの古典へのオマージュも読みどころ。発売後2年で22万部もの売り上げを記録、02年にはロシアでテレビドラマ化された。

     パーヴェル・クルサーノフ

    『天使に噛まれて』 (00年)(邦訳なし)

     革命が起きなかった20世紀のロシアを舞台にした歴史改変小説。20世紀初頭のロシアはイギリスをしのぐほどの強大な帝国となり、その領土はオスマントルコからイスタンブールにまで広がっている。ロシア人と中国人の間に生まれたイワン・ニェキタエフが優秀な軍人として頭角を現し、ついには皇帝の座へと上り詰めるまでが描かれる。結末ではロシアが中国と同盟を組んで欧米へ侵略戦争を仕掛け、帝国主義的な内容が賛否両論を呼んだ。

     ザハール・プリレーピン

    『サニキャ』 (06年)(邦訳なし)

     作者が所属していた「ナショナル・ボリシェヴィキ党」での体験に基づいて書かれた青春小説。主人公のサニキャは血の気の多い愛国的な若者で、「創造者同盟」という過激政党の党員。サニキャは祖父母が暮らす地元の村の荒廃した姿を苦々しく思い、祖国のことを顧みない大人たちへ不満を募らせ、「祖国奪還」を旗印に仲間たちと反体制活動を行う。批評家からはソ連の社会主義文学の先駆けとされるゴーリキー「母」の現代版と評された。

    (筆者略歴)まつした たかし 1984年生まれ。08年北海道大学文学部卒業、10年同大学大学院文学研究科修士課程、15年同博士課程修了、博士(学術)。20年から岩手大学准教授。ロシア文学研究者、翻訳家。著書に『ナショナルな欲望のゆくえ ソ連後のロシア文学を読み解く』(共和国)、訳書にソローキン『青い脂』(共訳、河出書房新社)、ザミャーチン『われら』(光文社古典新訳文庫)など

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月7日号

    コロナ、市場急変… 強い弱い 地銀&メガ14 金利急騰で多額の含み損 晴れないコロナ後の視界 ■荒木 涼子/桐山 友一16 インタビュー 片岡達也 横浜銀行頭取 「返済始まるコロナ融資を注視 逆ざやの外債から損切り」2022年3月期 全99行ランキング ■編集部17 有価証券評価損益19 経費率(O [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事