【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

投資・運用THE MARKET

《東京市場》米国の物価安定がきざせば数カ月で底値へ=三宅一弘

東京市場 夏場に底入れなら成長株反転の可能性=三宅一弘

 日本や米国をはじめ世界の株式は年初以降、インフレの進行と金融引き締め、資源エネルギー価格の上昇、ロシアによるウクライナ侵攻、中国景気の失速などのマイナス要因が重なる「複合的下落相場」となった。新型コロナウイルス感染拡大収束と経済再開など好材料もあったが、悪材料が勝った。特に欧米を中心とする物価高騰と抑制のための強硬な金融引き締めへの警戒が株安の主因とみられる。

 注目の米国の金融政策は3月に0・25%、5月に0・5%の利上げが決定され、保有資産の減額政策も示された。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は記者会見で、次回6月と7月の米連邦公開市場委員会(FOMC)の2会合で各0・5%利上げすることを示唆した。政策当局としては大幅利上げを継続するものの、明確な形で今後の方針を示すことで市場の混乱を抑制したいとの意図がにじみ出たとみられる。

残り475文字(全文878文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事