国際・政治ワールドウオッチ

英鉄道スト頻発で車の購入理由に変化 酒井元実

「ストにより今日の運転はありません」と案内があるロンドン郊外の駅 Bloomberg
「ストにより今日の運転はありません」と案内があるロンドン郊外の駅 Bloomberg

 英国人が自家用車を選ぶ理由に変化が生じている。1月4日付の英紙『フィナンシャル・タイムズ』によれば、購入を検討する理由を「公共交通機関がますます当てにならなくなっているから」とする人が半数以上に上ったという。新型コロナウイルスの感染拡大前は3割だった。根拠は自動車売買サイト大手の英オート・トレーダー・グループが12月下旬にまとめた調査結果だ。

「当てにならない」理由の一つは英国で相次ぐ鉄道職員のストライキ。1月初旬には予定した運転本数の8割が運休する大規模ストがあった。英鉄道道路庁(ORR)のデータによると、全予定本数のうち運休した割合は過去12カ月の平均で3.8%に上った。比較可能な2014年以降で最も高い水準だという。

残り229文字(全文544文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事