【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Online世界経済総予測 2020

気候変動は一大リスク 自然災害の損失は「25兆円」= 河口真理子

台風19具では長野市にある北陸新幹線の車両センターも水没した
台風19具では長野市にある北陸新幹線の車両センターも水没した

 気候変動は企業経営も大きく揺るがし始めた。一刻も早い対処が求められている。

 この秋、相次いで東日本を直撃した大型台風や大雨が首都圏にも甚大な被害をもたらしたことは記憶に新しい。当時気象庁の予報官が「直ちに命を守る行動を!」とテレビで迅速な避難を呼びかけ、台風上陸に合わせて首都圏の公共交通機関は一斉に計画運休するなど、自然の脅威が社会経済に甚大な影響を与える未曽有のレベルに上がっていることを肌で感じた人も少なくないだろう。

 すでに世界規模で気候変動は、自然災害により原材料作物の収量が落ちる、台風などによって国際国内物流が滞る、熱波により屋外作業ができなくなる、工場や設備が被害を受ける、そして従業員の通勤が困難になる、などサプライチェーン(商品などの供給網)に大きなダメージを与えている。こうした状況で、環境経営や、持続可能な世界を実現する国際目標を企業経営に取り込む「SDGs経営」をする企業も少なくない。

残り2274文字(全文2682文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事