マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 商品価格高騰で資源関連に注目=藤戸則弘

 米長期金利の上昇が顕著になっている。10年国債利回りは一時1・6%を超え、昨年3月の0・314%を底に大きく水準を切り上げている。投資家は、バイデン政権の追加経済対策を評価し、先行きの景気回復に自信を持ち始めた。新型コロナウイルスのワクチン総接種回数が2月に世界で2億回を超えており、コロナ感染者の拡大が峠を越えて、収束への道筋が見え始めている。

 国際通貨基金(IMF)の予測では、今年中国が8・1%、米国が5・1%成長であり、この両経済大国が回復をけん引することになる。したがって、経済の正常化を見据えて、景気敏感株に投資マネーが集中し始めた。

残り590文字(全文864文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事