資源・エネルギー世界経済総予測 2020

原油 OPECプラスの「予想外」減産 アラムコ上場で価格維持の思惑=岩間剛一

    2019年12月11日に上場したサウジアラムコ(Bloomberg)
    2019年12月11日に上場したサウジアラムコ(Bloomberg)

     2019年12月5日のOPEC(石油輸出国機構)総会に続く、12月6日のロシアなど非OPEC加盟国も加えた「OPECプラス」の会合で、現在の協調減産幅である日量120万バレルを、日量50万バレル拡大することを決めた。20年1~3月、日量170万バレルの協調減産を行う。さらにサウジアラビアは、自主的に減産を上積みし、合計日量210万バレル以上とした。

     当初は、サウジの国営石油企業サウジアラムコのIPO(新規株式公開)を控え、その企業価値引き上げのために原油価格を下支えしたいOPECの盟主サウジに対し、非OPECの代表格であるロシアが、国内の石油企業の利益減少を懸念して、現行の日量120万バレルの協調減産の延長にも難色を示していた。それだけに、協調減産幅引き上げの決定に、国際石油市場はサプライズと受け止めた。米国標準油種WTI原油価格は、12月…

    残り2264文字(全文2640文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事