【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

資源・エネルギー世界経済総予測 2020

原油 OPECプラスの「予想外」減産 アラムコ上場で価格維持の思惑=岩間剛一

2019年12月11日に上場したサウジアラムコ(Bloomberg)
2019年12月11日に上場したサウジアラムコ(Bloomberg)

 2019年12月5日のOPEC(石油輸出国機構)総会に続く、12月6日のロシアなど非OPEC加盟国も加えた「OPECプラス」の会合で、現在の協調減産幅である日量120万バレルを、日量50万バレル拡大することを決めた。20年1~3月、日量170万バレルの協調減産を行う。さらにサウジアラビアは、自主的に減産を上積みし、合計日量210万バレル以上とした。

 当初は、サウジの国営石油企業サウジアラムコのIPO(新規株式公開)を控え、その企業価値引き上げのために原油価格を下支えしたいOPECの盟主サウジに対し、非OPECの代表格であるロシアが、国内の石油企業の利益減少を懸念して、現行の日量120万バレルの協調減産の延長にも難色を示していた。それだけに、協調減産幅引き上げの決定に、国際石油市場はサプライズと受け止めた。米国標準油種WTI原油価格は、12月…

残り2264文字(全文2640文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事