【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 景気に弱さ、成長株主導続く=三井郁男

 株式市場は、新型コロナウイルスの感染が再拡大し、経済回復期待がしぼみ、4~6月決算は6割近い減益に対して、ワクチンの開発動向や各中央銀行による超金融緩和に伴う高い流動性が下値を支える展開が続いている。

 景気動向は4~6月期の国内総生産(GDP)は年率で27・8%のマイナスだった。7~9月のGDPはプラス成長に転換するだろうが、月ごとに見ると、景気の最悪期は緊急事態宣言が解除された5月が底で、その後、全国的に緊急事態が解除された6月は経済が再開し、一律10万円の給付金支給が消費につながり回復した。しかし、感染が再拡大した7月以降回復の勢いに陰りが出て、V字回復とはなりにくい状況だ。

 政府は更なる経済の停滞を受け入れにくく、全面的な都市封鎖を回避する可能性が高い、「コロナとの共生」の時代に入ったといえる。この状況では中央銀行による金融政策変更は難しい。景気は停滞しても株式市場は流動性によるサポートと政策期待で大きな調整に陥りにくい。

残り428文字(全文849文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事