マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント インドの国内総生産(8月31日) 全土封鎖で二桁マイナス成長=斉藤誠

     8月31日にインドで4〜6月期のGDP(国内総生産)が公表される。インド経済は金融機関の貸し渋りに新型コロナ感染拡大が追い打ちとなり、不振を極めている。1〜3月実質GDP成長率は前年同期比3.1%増と、前期の同4.1%増から減速した。

     インド政府は6月から都市封鎖の段階的解除を始めたが、4〜6月の封鎖期間は長く、大半の経済活動が停滞していたため、内需収縮を反映して2桁のマイナス成長となるだろう。4〜6月の自動車販売は前年同期比79.9%減(1〜3月期は同22.1%減)の大幅減少、…

    残り366文字(全文609文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事