国際・政治

EU離脱を“後悔”しているかもしれないイギリス国内の大混乱=石野なつみ

幅広い業種で労働力が不足する…… Bloomberg
幅広い業種で労働力が不足する…… Bloomberg

英国 EU離脱に強まる“後悔” 北アイルランドも不安定化=石野なつみ

 2020年1月末に欧州連合(EU)を離脱した英国。新型コロナウイルスの感染拡大でその影響は顕在化していなかったが、21年夏以降は物流網の混乱に加えてインフレも加速。市民生活にも広く影響が及ぶようになり、EU離脱への“後悔”が頭をもたげ始めた。北アイルランドを巡る情勢も不安定化しており、さまざまな火種がくすぶっている。

 21年9月に行われた民間の世論調査。英政府のEU離脱への対応を巡り、「評価しない」という回答が53%を超え、「評価する」の18%を大きく上回った。その原因は市民生活の混乱だ。例えば、9月下旬にはガソリンの備蓄不足が発生。英国軍も投入して輸送支援した結果、沈静化したが、ガソリンスタンドに長蛇の列ができる事態が続いた。

 英政府は、経済活動の回復や国内の風力発電力不足、コロナ危機で重量物運搬車(HGV)の免許試験が中止されたことが原因と主張する。ただ、EU離脱を受け、欧州域内からエネルギーを安定した価格で調達できなくなり、またEU出身のHGV運転手が帰国してしまったことが状況を悪化させた。英政府は外国人運転手対象の短期ビザを提供したが申請数は少なく、長期的な解消の見通しは立っていない。

 食肉加工業の労働力不足も深刻だ。国内で食肉加工ができず、EU加盟国に枝肉を送り、精肉にして再輸入する業者も少なくない。また、クリスマスを前に七面鳥やアルコール飲料などが欠品する懸念も高まっている。小売業者は独自にドライバーに特別給与を支給したり、コンテナをチャーターしてモノの確保に動いているが、輸送費用や衛生証明書など…

残り963文字(全文1663文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月3日号

金利ある世界18 長期金利の居場所の探り合い 10年国債が主役に復活する日■稲留克俊21 絶えざる資産インフレとデフレ■水野和夫22 ドル・円 米金利上昇で景気失速、金利低下 1ドル=130円の円高を目指す■吉田恒24 日本株 企業に生じた「インフレ利得」 「マイナス金利」が追い風に■黒瀬浩一27 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事