テクノロジースマホAIで病気を治す医療&ビジネス

未病 神奈川が「2500億円市場」 着ると疲労回復のウエアも=桑子かつ代

    (出所)神奈川県のホームページを基に編集部作成
    (出所)神奈川県のホームページを基に編集部作成

    「未病(みびょう)」とは、日常生活には支障を来さないものの、心身が不調の状態を指す。元々は、漢方に由来する概念だ。具体的には軽度の糖尿病、高血圧、早期のがんなどを示す。

     日本は世界最高水準の平均寿命を維持する中で、2025年には「団塊の世代」が後期高齢者となり、4人に1人が75歳以上になる。個人の健康へのメリットだけでなく、医療・介護費用負担を軽減するというコンセプトから地方自治体と政府が取り組みを始め、企業も巻き込んだ新たなビジネスが創出されている。

     未病への先駆的な取り組みを進めているのは神奈川県だ。味の素などの企業を呼び込み、「未病産業」創出の…

    残り1032文字(全文1310文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット