テクノロジースマホAIで病気を治す医療&ビジネス

黒岩祐治・神奈川県知事 神奈川から「ME-BYO」広める

    黒岩祐治・神奈川県知事
    黒岩祐治・神奈川県知事

     神奈川県の最大の課題は圧倒的な勢いで進む超高齢社会だ。高齢化の進むスピードはどの県よりも速い。従来の社会保障システムを続けていると立ち行かなくなり崩壊する。病気になってから治すのではなく、食、運動、社会参加といった日常の活動を通じて健康な状態に近づけていこうというのが県が進める未病(ME-BYO)コンセプトだ。

     高齢者は病気になりやすいだけでなく、既にいくつかの持病を抱えていることも少なくない。それは仕方のないことだと思っていたら、病院も機能できなくなるという危機感が我々にある。そうならないためには、病気にならず健康な時代を長くすることが必要だ。未病は健康と病気を従来のように二分するのではなく、心身の状態は健康と病気の間を行ったり来たりしながら連続的に変化すると捉える。色で言えば、健康を「白」、病気を「…

    残り729文字(全文1086文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット