テクノロジースマホAIで病気を治す医療&ビジネス

米国ハイテク医療事情 広がる埋め込み型センサー 3Dプリントで手術に革命=大西睦子

    埋め込み型センサーを装着する男性(右)(センセオニクス提供)
    埋め込み型センサーを装着する男性(右)(センセオニクス提供)

     米ハイテク企業のヘルスケア参入の勢いが止まらない。市場規模の大きな生活習慣病の予防や管理では、その傾向が強い。

     まず、針を刺さなくても血糖値を測れるデバイスだ。糖尿病の患者には血糖値の管理が欠かせない。注目されたのは、グーグル親会社の米アルファベット傘下のベリリー社が2014年から手がけていた涙で血糖を測るスマートコンタクトレンズ。ところが正確に血糖が測れず、18年11月、ついにプロジェクトの打ち切りが発表された。

     そんな中、米食品医薬品局(FDA)は18年6月、初の18歳以上の糖尿病患者向け長期体内埋め込み型血糖センサーと、互換性のあるモバイルアプリを承認した。センセオニクス社の製品で、医師らが小さなセンサー(直径3・5ミリ、長さ1・8センチ)を患者の皮膚の下に埋め込むと、血糖値の変動が分かる。最大90日間装着が可能で、高血糖や低血糖の時はユーザーに警告が送られる。センサーの挿入時にアレルギー反応、出血、…

    残り879文字(全文1289文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット