テクノロジースマホAIで病気を治す医療&ビジネス

中国ヘルスケア事情 AI・スマホが地域間格差を是正 一気に普及する「遠隔診療」=片山ゆき

    平安保険の医療アプリ(Bloomberg)
    平安保険の医療アプリ(Bloomberg)

     中国では従来、社会インフラが整備されている大都市でないと適切な医療サービスを受けるのは困難な状況が続いてきた。しかし、AI(人工知能)やスマートフォンを活用することで、医療分野において、地方でも最新の技術やサービスなどの導入が普及している。

     広東省にはAIドクターが活躍している病院がある。病院指定のアプリを使って、自宅などからスマホのカメラを通じて症状を伝えると、症状が軽い場合はAIが3分でおおよその疾病を判断してくれる。同時に、問診予約もできるので、病院で長時間並ぶ必要もない。病院に到着したら専用端末で顔認証、窓口で診察券の提示も不要だ。医師の診察でも、事前のAIドクターの判断と実際の症状を確認し、問題がなければそのまま薬を処方するという。医療費の支払いもスマホ決済のため、病院に財布を持っていく必要はない。

    残り927文字(全文1287文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット