テクノロジースマホAIで病気を治す医療&ビジネス

医療ビッグデータ 遠隔から患者情報収集 新薬開発へ活用も=繁村京一郎

    (出所)野村証券
    (出所)野村証券

     2018年4月の診療報酬(医療行為の価格)改定で、自宅などでもスマートフォン画面等を通じて診察を受ける際の「オンライン診療料」が新設された。将来的には、在宅での診療から服薬指導までがオンライン化されるための「開かずの扉」が少し開いたと言える。同年5月には次世代医療基盤法が施行され、医療データの利活用を円滑にする法整備がされた。医療ビッグデータの利活用の機会が広がっている。

     オンライン診療は診察や管理だけでなく、患者の平時の状態の把握、脈拍や血圧といったバイタル(生命兆候)データの取得が可能となる。データが蓄積されれば、AI(人工知能)による診断、医療の効率化がさらに進むだろう。

    残り2196文字(全文2489文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット